今日もくゆらす

とりとめのないことを思い出したら @v_hata

【吉報】くゆらす、坂本氏とトニー賞授賞式で夢の競演

ごぶさ太郎、くゆらすです。 高校時代に「ごぶさ太郎」という今で言うゆるキャラを考案し流行らそうとしたのですが、 びっくりするくらい誰も使ってくれなかったくゆらすです。 あ、父だけは妙に気に入ってくれて、毎日顔を会わせるのに 「ごぶさ太郎~(笑…

百合子と髭と長野くんセレナーデ

どうもこんばんは。くゆらすです。 9月も終わりますね。 前回「(少なくとも)8月中には更新します」的な匂わせをしておいて、1か月も遅くなりました。 全然守れないことを高らかに宣言する薄汚い人間、それがくゆらすでございます。 皆様もどうかくゆらすの…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない 六章(に行くかと思いきや)

大変ご無沙汰しています。くゆらすです。 前回に続き、「ご無沙汰しています」のご挨拶で始まるおのれの体たらくに、 ただただ恥じ入るばかりです。 五章をアップした日を遡ると、まさかの昨年末とな。 あれですよ。 2回目の紅白出場もいのっちの名司会もメ…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない 外伝

ご無沙汰しております。くゆらすです。ブログでは2016年最初のご挨拶となります。今さらですが、どうも本年もよろしくお願いします。 光陰矢の如しとは昔の人も良く言ったもので、くゆらすがただただ無為に口を開けて息を吸ったり吐いたりしている間に、 気…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない 五章

フライングメリクリ。くゆらすです。 いよいよ明日からミュージックソンですね。 世界中から愛される存在ということならば本家にも引けを取らない三宅サンタと、 赤くはないけれど鼻にチャームポイントを設けているということであれば これまた本家と良い勝…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない 四章

こんばんは。くゆらすです。 ここにきてなかなかのペースで更新できております。 それもこれも全ては仕事からの現実逃避のお陰さまです。 一人で仕事をしている身の上のため、私のお尻をぺんぺんしてくれる上司も 部下もいないことがここにきて功を奏してお…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない 三章

こんばんは。くゆらすです。 私はいわゆるノマドワーカーというやつで、特に決まったオフィスを持たず、 時に自宅、時にお店やレンタルオフィスでPCをポチポチすることが多いのですが、 現在絶賛年末進行の繁忙期のため、都内のあちらこちらで目の下に隈を作…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない 三章「の前に」

お久しぶりです。カレーでお腹一杯のくゆらすです。 今日の長野くんは何の晩御飯を食べたんでしょうかね。 共通点など何一つない私たちですが、 恐らく長野くんが晩御飯を抜かすということは考えられないので、 「今日飯を食った」ということでは確固たるつ…

どうでもいい話

こんばんは、くゆらすです。 「 ワケなくV6を好きになったわけじゃない」シリーズはちょいと休憩して すこぶるどうでも良いご報告です。 さて。何事も一番になるというのは気持ちが良いものです。 V6ファンの皆さんも、 「私は〇〇くんの一番のファンであり…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない 二章

お久しぶりです。くゆらすです。 仕事に追われていたらあれよあれよと11月1日も学校へ行こうも過ぎ去ってしまいました。 しかし無事ツアーオーラスには行けた幸運なくゆらす。 コンサートのレポートも追って書きたいと思いますが、 まずは見切り発車で出発し…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない 一章

【はじめに】 主人公:くゆらす子 1983年日本生まれ。幼い頃は父親の仕事の関係で国内外を転々とする。 いわゆるジャニーズJr.黄金世代と呼ばれる皆さんと同世代で、 クラスメートたちがMyojoやPOTATOを切り抜くことに命を懸けていた頃、 「この雑草は食べら…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない ご注意

こんばんは。くゆらすです。 ノリと気まぐれで始めてみたブログ。 先のエントリー記事を読み返してみて、しまった!と思ったことが。 「ワケなくV6を好きになったわけじゃない」なんて偉そうなタイトルをつけていますが、 正直言って、全然大した内容ではあ…

ワケなくV6を好きになったわけじゃない 序章

こんばんは。くゆらすです。 さて。突然ですが「ブログ」を始めた理由。 リアルでは言えない愚痴の掃き溜めだの リア充報告だの 生きた証だの うちの犬がカワイイだの それは人様それぞれ。 色々なきっかけや思惑があるでしょう。 私はと言うと、今回のタイ…

まずはごあいさつから

初めまして。くゆらすといいます。 これまで世間様に物申したいことなど全くなかったので、 ブログを開くなどということは考えもつかなかったのですが、 備忘録も兼ねて、ゆっくりとつれづれなるままに文字をくゆらしていこうと思います。 面白いことを書く…